【PURPLE NOTE NOVA 20190926】Edgeにトホホ、SUSEの入力問題、FerenOSインストールなど

9月 27, 2019

今日のポイント

Windows10の標準のブラウザEdgeにトホホ
SUSEの入力問題
FerenOSインストール

だったはずが・・・Windows10にEric(Pythonの開発環境IDE)をインストール

 

グイド・ヴァンロッサム [Guido van Rossum]さんに感謝

困難のために会社を辞めたことはあっても、プロジェクトを止めたことはない。
いつもPythonのプロジェクトは次の会社で続けていた。

グイド・ヴァンロッサム [Guido van Rossum]

/

Windows10の標準のブラウザEdgeにトホホ

Free-Photos / Pixabay

きのうの夕方までは順調に一日が過ぎて、今日はなかなか予定どおりの充実した日だなと思っていた。Windows10のマシンはそれぞれのブラウザに目的ごとに起動したら表示をするページを設定して、快適に、いままでよりも早く作業ができるようにした。その過程でわかったのは、Windows10の標準のブラウザEdgeはあまり私には役に立たないということだ。毎日新聞を作成しているPaper.liのブックマークレット(bookmarklet)が設置できないことがわかった。他のOperaやAvastセキュリティブラウザでは問題なく使える。結局、Edgeはyoutubeの音楽を聴くことだけに使うことにした。

https://support.paper.li/hc/en-us/articles/213877738-Bookmarklet-Not-able-to-add-it-to-Microsoft-Edge

 

SUSEの入力問題

Life-Of-Pix / Pixabay

ブラウザEdgeにトホホはまだダメージはんばかったけどそのあとで気がついたのはOPEN SUSE Linuxの入力がおかしいのだターミナルで英語モードでもダブルコーテーションが入力できないのだこれにはこまった漢字入力モードにしても同じこれではprint”Hello World”) だって実行できない。

大変だ、その後、いろいろ試行錯誤して、入力用のプログラムのMozcやらIbusとかを削除したり設定を変更したり、すごい時間がかかってしまった。そこで、考えた。日本語は使うのはやめよう。もう一回、Open SUSE Linuxを英語でインストールしなおそう。世界は広い、日本語なんか使わなくても、インターナショナルでいけばいい。でも、やっぱり、日本語は使いたい。悩んだ。その結果、英語でいくことに。

そこで、決心して、DVDで起動したところ、なんとFerenOSのDVDだった。そうです、DVDには何も書いてなかった。これが運命というものだ。急に気が変わって、前回はUDBメモリが邪魔して、GRUBが起動できなかったけど、現在ははずしてあるので、きっとうまくいくと思った。そして、インストールの過程でキーボードをチェック、ちゃんとダブルコーテーションも入力できた。もうじきインストールが終わる。こんどはきっとうまくいく。

インストールは無事に終了。再起動。GRUBの画面、FerenOS起動。また、設定画面が。日本語入力が2つある。説明にしたがってみる。

再起動
Fcitx 、右クリック 構成
構成 Mozcを選択
CTRL + スペース

再起動。ここでWindows10を起動してみる。起動はできた。

問題は、再起動してGRUBが表示できるかどうかだ。前はWindows10が起動してしまった。

あれ、Windowas10が修復モードになってしまった。いやな予感。でも、その後起動した。

そして、問題の再起動。OK。大丈夫だった。デュアルブートに成功した。

ところが、ターミナルで入力を確かめてみると、正しく入力できない。ちゃんと確認してインストールしたはずなのに、キーボードのタイプを変更しようち思ったのだけれど、探しても変更する設定がない。Windowsだったら、ドライバの変更で簡単にできるのに、それができない。

しかたがないので、もう一回インストールしなおした。

そしてやっとPython3で世界に挨拶”Hello World”が表示できた。

ワークスペース 1_002

 

うれしい、この試行錯誤の結果の達成感が次のステプへのパワーになる。

今日も前進だ。進化だ。もっと、早く、もっと正確に、もっと上のレベルをめざす。

 

Feren OSの感想

・Element OSのレベルを上げた感じ

・普通に使える、遅くない(アニメーションは使用しない)

・Windowsに操作方法がにてるので親しみやすい

・ストアにはPythonのカテゴリがあっていろいろPython関連のソフトを無料でインストールできる

Feren OSを使ってみようと最初思っていたので結局試行錯誤の結果思ってたとおりになったということでOKです

1.画面キャプチャ

Dropbox

3.PDFリーダー(ドキュメントリダー)

Firefox

 

こんなソフトをとりあえずインストールしてみた。

今日はいろんなソフトをインストールしてみよう。楽しい。

と思ったら、肝心の5.Eric(Pythonの開発環境IDE)がクリックしても動かない。

ここで、試行錯誤。こんなことがあるのだろうか。しかたがないので、別なIDEをインストール、そうしたらコードのフォントサイズが大きくできない。私には小さすぎる。

そして、ソフトをインストールしすぎたのでなんだか領域がないというメッセージが・・・。あああ。

しょうがない、Windows10を削除しよう。そう思ったら、なんだかパーティションがバラバラに。

これでは、まずい。そう思って、SUSELinuxをインストールしようと思ったら、こんどはDVDから起動できない。

その結果、現在またWindows10をインストールしてます。

パーティションはすべて削除、そして、Pythonの開発環境もよく調べたら、Windows版もあった。

 

きのうのパイソンの勉強20190925

ノーコメント、明日はもっとがんばろう。バンコクへの移動日。移動時間を活用しよう。

あ、そうだ、ノートに.Eric(Pythonの開発環境IDE)をインストールしておこう。

それがいい、それがいいと気持ちよく今日も眠れるのでした。

衆生所遊楽、何をやっても楽しい。変毒為薬だ。

Screenshot 2019-09-26 19.03.42
Eric(Pythonの開発環境IDE)でハローワールド
Screenshot 2019-09-26 19.04.10
ちゃんとデスクトップにPythonが住み着いてます

 

 

 

 

 

時は来た、新しいものを探していかないとね。

 

 

分かっている
分かっている 時代は変わって行くのだと
時は来た 誰もが手を差し伸べる
何か新しいものへと それは君も

 

スティーヴ・ウォズニアックの言葉を信じよう

あなたが自分のしたいことをしていて、目的のために喜んで働くなら、成功は手の届く距離にある。全ての時間を捧げて夜に一人で何を作りたいのか考える、それだけの価値がある。それは報われるんだ、約束する。

- スティーヴ・ウォズニアック -