【PURPLE NOTE NOVA 20191007】リストの中にリスト、イラストレータの大きなファイル、ワードプレスのレビュープラグインを調査中など

10月 8, 2019

今日のポイント

イラストレータのバカでかいファイルに試行錯誤

ワードプレスのレビュープラグインを調査中

Python3の勉強ノート

 

グイド・ヴァンロッサム [Guido van Rossum]さんに感謝

困難のために会社を辞めたことはあっても、プロジェクトを止めたことはない。
いつもPythonのプロジェクトは次の会社で続けていた。

グイド・ヴァンロッサム [Guido van Rossum]

/

イラストレータのバカでかいファイルに試行錯誤

KELLEPICS / Pixabay

私はイラストレータは使いこなせない。ただファイルを開いて、テキストや写真をもとにワードプレスのページを作ったりしてる。今日、なんだかバカでかいファイルが送られてきて、パソコンのメモリが足りなくて、作業がスムーズにできなかった。大きな広告の写真が2つ、さらに写真が6つ。開くことはできたけど写真をばらして、サイズを変更し、ワードプレスのページでギャレリーにするのがちょっと大変だった。最初から、文書と写真はコンテンツとして提供してくれるとありがたいけでど、送ってくる相手にすればめんどうな作業。そんなことで議論してるのもめんどう。なので、試行錯誤の結果、2時間ぐらいで完成。こんな感じにできあがり。

 

 

ワードプレスレビュープラグインを調査中

/

今日はちょっとワードプレスのレビュープラグインについて調べてみた。

するとこんな記事を発見。

現在、WP Customer Reviewsを使ってサイトを運営してるけど、ちょっと心配なことが。

プラグインのバージョンアップをすると、カスタマイズした日本語が英語になってしまうらしい。

心配なのでバージョンアップはしないで、まさかのときにそなえて、日本語にカスタマイズしたファイルはバックアップとして保存してある。バージョンアップして、日本語にカスタマイズしたファイルを上書きすれば大丈夫かなと思うけど、心配なのでやらない。

とりあえず、いつかタイミングのよいところで、別なプラグインにしようと思ってる。

そのために、現在、どんなプラグインがあるのか調べてみた。

閑話休題、その過程で面白そうなプラグインとサービスを発見。

Google Reviews Widgetとヨットポとかいう変な名前のサービスだ

今日は時間がないので、明日試してみよう。

Google Reviews Widgetと

 

/

 

 

今日のパイソンの勉強20191007

今日の復習

whileは使わずにforループを使う
リストは配列ににてるけど。それ以上に役に立つ
Python3をこれからは覚えよう
リストは存在しないデータにはアクセスできない
Monty Pythonってなんだ知っておこう

ダブルコートでも、シングルでも同じ 混在はだめ
ダブルコートを出力するときの2つの方法
1.シングルコートで囲む
2.エスケープする
‘”‘)
print(“\””)
名前にはルールがあって使えない文字や記号がある
大文字、小文字は区別される

 

リストの中にリスト、何でこうなるの?

壁にぶつかった。なんでこうなるんだろうか。

明日また考えよう。と思って、いま見たらわかった。なーんだ。そうなんだ。

= [
“The Holy Grail”, 1975, “Terry Jones & Terry Gilliam”, 91,
[“Graham Chapman”,
[“Michael Palin”, “John Cleese”, “Terry Gilliam”, “Eric Idle”, “Terry Jones”]]]
movies413])

Python 3.7.4 (tags/v374e09359112e, Jul 8 2019, 19:29:22) [MSC v1916 32 (Intel)] on DESKTOP-QI0FEQD, Standard
>>> Eric Idle

 

自分で作ってみた。納得した。これで安心して眠れる。またまた、達成感。

food = [
“カツ丼”, 700, “天丼”, 500,
[“カレーライス”,600,
[“アイス”, 100]]]
print(food[4][2][0])

Python 3.7.4 (tags/v3.7.4:e09359112e, Jul 8 2019, 19:29:22) [MSC v.1916 32 bit (Intel)] on DESKTOP-QI0FEQD, Standard
>>> アイス

 

———————————

時は来た、新しいものを探していかないとね。

 

 

分かっている
分かっている 時代は変わって行くのだと
時は来た 誰もが手を差し伸べる
何か新しいものへと それは君も

 

スティーヴ・ウォズニアックの言葉を信じよう

あなたが自分のしたいことをしていて、目的のために喜んで働くなら、成功は手の届く距離にある。全ての時間を捧げて夜に一人で何を作りたいのか考える、それだけの価値がある。それは報われるんだ、約束する。

- スティーヴ・ウォズニアック -